sungen

お知らせ
思い出語りの修行編、続きをpixivで更新しています。
旅路③まで書きました。
鯰尾と今剣は完結しました(^^)pixivに完全版が投稿してあります。
刀剣は最近投稿がpixivメインになりつつありますのでそちらをご覧下さい。
こちらはバックアップとして置いておこうと思ってます。

ただいま鬼滅の刃やってます。のんびりお待ち下さい。同人誌作り始めました。
思い出語り続きは書けた時です。未定。二話分くらいは三日月さん視点の過去の三日鯰です。

誤字を見つけたらしばらくお待ちください。そのうち修正します。

いずれ作品をまとめたり、非公開にしたりするかもしれないので、ステキ数ブクマ数など集計していませんがステキ&ブクマは届いています(^^)ありがとうございます!

またそれぞれの本丸の話の続き書いていこうと思います。
いろいろな本丸のどうしようもない話だとシリーズ名長すぎたので、シリーズ名を鯰尾奇譚に変更しました。

よろしくお願いします。

妄想しすぎで恥ずかしいので、たまにフォロワー限定公開になっている作品があります。普通のフォローでも匿名フォローでも大丈夫です。sungenだったりさんげんだったりしますが、ただの気分です。

投稿日:2018年07月24日 08:43    文字数:9,846

鯰尾奇譚1 今剣と鯰尾①

ステキ数は非公開です
コメントを送りました
ステキ!を送りました
ステキ!を取り消しました
ブックマークに登録しました
ブックマークから削除しました
今剣×鯰尾(鯰尾×今剣?)という珍しい感じでひとつ。
今剣の破壊のセリフとか、泣ける…。ネタバレは無いですがワンクッション。
今剣極とか、そういうことがあるなら、不思議な事があっても良いかなって妄想で書きました。
1 / 7
注意

・一応ほのぼのです。この二人って仲よさそうという妄想。
・今剣の刀剣破壊(過去の出来事)があります。
・破壊セリフなどのネタバレは無いです。
・この本丸の鯰尾はこじらせた系。
・男審神者が良く喋る。
・加州と大和守の出番が多い。
・このお話には明確なあれそれは無いですが、有りか無しかはよく分からないです。
・一応女性向けとしておきます。
・シリーズ名の通り、いろいろな本丸のどうしようも無い色々な話、と言う事でお願いします。

1 / 7
2 / 7

今剣と鯰尾


「鯰尾さん、おかえりなさい!」
鯰尾が遠征から帰ると今剣が駆け寄って、飛びついてきた。
「ただいま、今剣!」
鯰尾は抱き留めてくるりと回転、そして下ろして今度は肩車。
今剣はきゃっきゃと笑って、部隊長の鯰尾は、じゃあ主さんの所まで、と走り出す。

「……今日も雅だねぇ」
遠征から帰った歌仙が笑った。
「相変わらずだね、二人とも。――さあ、資材を片付けようか」
堀川も微笑む。
これは鯰尾が遠征から戻った時の、一連の流れだ。

「じゃあここまで。主さん、遠征部隊、戻りました」
鯰尾は今剣をおろし、障子を開けて、主の元へ。

「ああ、お帰り、遠征はどうだった」
「大成功です。けどなかなか資材たまりませんね。あ小判持って帰って来ましたよ」

その間、今剣は障子の外で座り込んで、鯰尾を待っている。

「あ、今剣、おかえり」
近侍の加州清光が今剣に声を掛ける。
「はい」
今剣が微笑んで。

消えた。

「……」
加州は目を細める。

今剣が破壊されてしまったのは。もう大分前になるか。

加州が初めて鍛刀したのが、今剣で、今剣がはじめて鍛刀したのが鯰尾だ。
二振りはとても仲が良かった。

鯰尾は主と話したらしい。

主はそれまでは、無理に手柄を立てようとしていたが、無邪気な刀剣を失ってから、つきものが落ちたように己を正した。
虚栄心をとっぱらってしまったら、主には貧乏な本丸が見えはじめ。そこにいる刀剣達も見えはじめて……。

今では、加州はこの本丸を誇る事が出来る。

――まだ、皆、弱いんだけどね。
遠征用の第二部隊を作るのがやっと。練度も低く、演習ではほとんど勝てない。

鯰尾は主にいつものように、主に土産話をしている。
鯰尾の話は、道ばたにたんぽぽが咲いていてきれいだった、とか、あやしげなきのこが生えていたとか、帰りは風があたたかくて、馬の上で寝そうになったとか、雉がいたとか。

「じゃあ、俺はこれで。失礼します」
鯰尾が、部屋の外にいた加州を見つけた。
「おつかれ」
加州は鯰尾に声を掛けた。
「ただいま、そうだ、お土産が台所にありますよ。美味しそうだったから沢山取って来ました」
「へえ、土産ね。何?」
「きのこですけど?」
鯰尾が笑った。
「どんな?」
「たぶん、椎茸です!」
鯰尾は笑顔で言った。

「――げっ。ちょっと待った!」「えぇ!?」
それを聞いた加州はバタバタと、主もばたばたと出て行った。

台所では、留守番だった大和守安定が、あやしげなきのこを眺めていた。
「とりあえず、塩で茹でれば食べられるんだっけ?でも、これ…大丈夫なのかな。たまに紫の斑点があるけど」
他は出陣で、残った加州が近侍、大和守が家事当番。
堀川と歌仙はきのこを置いて、馬を置きに行ったり、刀装を返しに行ったり。

「とりあえず…先に切っておこうかな」
「ぼくもてつだいます。これですね」
ひょっこりと今剣が顔を出す。作業台に乗った、きのこの山の、向こう側にいた。

「いしづきをほうちょうでとってから、あらうとらくです」
「ああ、ありがと助かる」
気が付いた大和守は言って、まないたと包丁で、適当に切り始めた。

「あ――大和守さん、これ、たべられないきのこがまざってます」
「えっ、うそ、どれ!?」
「うっかりやさんですね」
大和守安定は、つい一昨日鍛刀されたばかりだ。

「これは、だいじょうぶです。こっちはだめです」
今剣が匂いをかいで、見て、分ける。だが見た目はどれも変わらないように見えた。
「じゃあ分けるのお願いしていいかな?」
「はい。ぼくがこのかごに、たべられるものをおきますよ!」

「大和守!大丈夫?」
しばらくして、加州と主が入って来た。

「あ。大丈夫、ほら、今剣が手伝ってくれたから」
大和守がそう言った時には、もう食べられるきのこと、たべられないきのこが分けられていた。

「……いまの、つるぎよ…」
主が泣き出す。

「主……」
大和守は苦笑した。大和守は顕現したときに、この本丸の事情を聞いていた。
今剣は破壊されてしまったが、なぜか、よく本丸の中にいるらしい。
ふしぎだなぁ、と思った。

だが主は今剣に会えない。
刀剣達には見えるが、主にだけは、姿が見えないのだ。

「いただきます」
食卓にも今剣は良く現れて、鯰尾の隣に陣取っている。
今剣も手を合わせてあいさつして、その後は、皆がたべるのを眺めている。
「ぼくが、みわけてあげたんですよ」
「うわ…。食べられないのあったんですか?ありがとう」
鯰尾が微笑んだ。
「はい」

その後は、喧騒の間にふっと消えてしまう。

大和守を入れて、ようやく十二振。数に入らないけれどやさしい今剣を入れて十三振。
遠征部隊を出したら、出陣は休みとなる。
これは残ったものが炊事洗濯、掃除、畑の管理などをするためだ。

主はまだ就任したばかりで戦や本丸の運営に慣れていないし、資源も少ない。
しばらくはこのままだろう。

主は食卓を共にして、皆と語らう。
「明日は出陣しようか。資源も少したまったし、これから皆で頑張ろう。編成は加州にまかせるよ」

「うん、まかせて。そうだ主、出陣が火急じゃないなら。明日、最初は演習に行きたいな。大和守を初陣の前に、少しくらい鍛えないと」
加州が嬉しげに言った。

「演習か…。うーん…。じゃあ…行こうか」
「主、しっかりしてよ。皆、ばんばん闘って、強くなりたいんだから」
もちろん演習ではほとんど負けるが、皆、強くなりたいと思っていた。

「分かった分かった。頑張ってお役目を果たそう」

「はい!」という声が重なる。
主は声の中に、今剣の声を聞いた気がした。


翌日、鯰尾、歌仙、加州、大和守、五虎退、乱。この構成で演習に臨んだ。
これでも本丸の中で練度の高い者が来ている。

「ずお兄~!いきなり相手が練度99って勝てないよ~」
乱が言った。
「初めに負けたら、開き直れるだろ。負けたって演習だし、実戦で勝つために頑張ろう」
鯰尾がよい笑顔で言った。
「はーい…」

――結局ほとんど負けたが、なんとか一勝することが出来た。
その後出陣。

「ただいま~。疲れた~」
乱が言う。
「おかえりなさい!大和守さん、けがはないですか」
今剣が出迎える。
「ありがとう、何とか大丈夫だったよ」
今剣の頭に手を置こうとして、すり抜けた。大和守は首を傾げた。
「ああ、今剣には、鯰尾しか触れないの。残念だよね」
加州が少し寂しげに言った。
「……」
今剣は、あわく微笑んでいた。

「あの時代は、もう大丈夫かもしれないね」
歌仙が鯰尾に言った。
――主は今剣の事があったので、慎重に進軍している。
「ええ。物足り無いくらいですね。次の合戦場も開放されたし。主さんに聞いてみます。五虎退と乱もおつかれさま。また行こうな。歌仙さん、刀装、お願いします」
そうして鯰尾はいつものように先に報告へ向かう。
「了解」
歌仙が頷く。

鯰尾の少し後ろを、今剣がついていくのが見えた。
気が付いた鯰尾は、少し振り返って今剣の手を引いた。

「ああ、今日も雅だね…。じゃあ、加州、私はお守りと刀装を返してくるよ」
歌仙が立ち話をしている加州達に言って、加州がよろしくという。

「五虎退、乱。おつかれさま、結構頑張ったね」
加州が五虎退と乱をねぎらう。
「…はい」
五虎退が少し浮かない様子で言った。
「どうしたの?」
加州は、なんとなく分かったが、あえて聞いた。

「……、今剣さん、大丈夫でしょうか」
「――鯰尾に甘えられなくて、寂しい?」
五虎退に加州が言った。
「い、いえ!――ち、ちがいます……」
五虎退が俯く。

……五虎退が、足元の虎を一匹抱き上げた。
「そうじゃなくて……あの。いままで、全然考えて無かったんですけど。今日、演習で、そう言えばって。僕たち、粟田口は、とても兄弟が多いんです。もし、これから皆が本丸にきたら、今剣さんが……どう思うかなって……すみません」
乱、加州、大和守が顔を見合わせる。

演習で見た粟田口の短刀は、多いと言うより多い。
「確かに、賑やかだった」
加州が言った。
鯰尾と、極前田、極平野、極乱…、という構成と闘った。あちらの鯰尾もどの鯰尾も、弟達の世話をよく焼いているようだった。
――今はまだこの本丸は小さいが、ゆくゆくは大きくなるだろう。
資材も少しずつ増え、加州は手応えも感じている。

粟田口の短刀が増えれば…鯰尾は、兄弟達の世話に追われる。
――今剣は、おそらくその輪には入れない。

「そうだね。それは、少し寂しいって思うかも」
大和守がぽつりと言った。
「……あの子、いつまでここに居られるんだろう」
分かってはいたけど……、と加州が言う。
今剣は折れた刀なのに。なぜ残っていてくれるのか。分からない。
そんな話が他にあるとも思えない。

加州も浮かない顔をした。
――乱は涙を浮かべていた。
「僕はずっといて欲しいと思ってる。だって、今剣は僕を守ってくれたんだ。だから、僕はだれより強くなりたい」

「…僕も、頑張ります」
五虎退が言った。五虎退も、今剣が折れる様を見た。

五虎退は今剣の、最後の言葉を思い出し……泣いた。

それを見た大和守が、顎に手を当てた。
「ねえ、…清光、鯰尾はどう思ってるのかな…」
「さあ…。そもそも、何で出てくるのか、どうして鯰尾だけ触れるのか。――主もわからないって。俺も、いきなり鯰尾と一緒にいて、腰抜かしそうになったし」

今剣が折れ、本丸が悲しみに沈む中。鯰尾が今剣の手を引いて、食卓に現れた来た時。
その場にいた者達は凍り付いた。
今剣はあまりに普段通り。

あっ、おいしそうなはんばーぐですね。たべないんですか?等と言われた。
生き返ったのかと思ったが、……抱きつこうとしたら…触れられない。
鯰尾は、主さんは、もう無理な行軍はしないと誓ってくました。と言った。

その時の鯰尾が本当に恐ろしくて、誰も何も聞けなかった。

翌日、主が皆を集め、土下座した。その場には今剣は現れなかった。
次に今剣を見たのは、鯰尾が出陣から帰った後。それからは所々で、頻繁に見る。
主には見えず、刀剣達は見えるものの、鯰尾以外は触れられない。
――そう言えば、今剣自身は物に触れられるらしい。
――物を食べている様子は無い。

「今剣は霊力も強そうだし、そういうこともあるかなって、皆思ってたけど……これからの事を考えると」
加州が身震いをした。
今剣は言ってしまえば幽霊のようなもの。
このままだと、鯰尾や本丸に何らかの影響が出てたりはしないのか。
「鯰尾に、聞いてこようか?僕なら、ごめんで済ませられるし」
大和守が言う。
「――え」

「……だって清光とかだと、逆に聞きにくいでしょ?」
大和守が苦笑する。
「……いや。だったら、俺も一緒に行く。一応、この本丸の初期刀だし、悪いから」
「分かった。乱と五虎退には、後で話そう」
大和守が笑う。

本丸の廊下を加州と大和守が進む。鯰尾は主の部屋だろう。
「どうして鯰尾なんだろう?」
大和守が言った。
「さぁ。――今剣が近侍の時に鯰尾が来たし。仲が良かったから…?」
加州にも分からないようだった。

「主、鯰尾いますか?」
主の部屋をのぞくと、鯰尾は居なかった。
「――ああ、お帰り。お疲れ様」
主が座って、茶を飲んでいた。

「ちょっと、主、茶なんて飲んでる場合じゃない」
加州が言った。
「ん、どうしたんだ?何か問題か」
「――ねえ主、今剣の事だけど。あれって幽霊…ですか?」
大和守が、膝をついて言った。

「今までは良かったけど、これから、粟田口が増えたら、寂しいんじゃないかって、五虎退が言ってた」
加州が言う。
「……ああ……。確かに。そうかもなぁ……粟田口かぁ」
審神者は溜息を付いた。

「私には見えない。だから、今剣がどんな様子か、分からないが……鯰尾が言うには、あれは時間が経てば自然と消える物らしい。他の審神者に聞いたが、そんな事はあり得ないと言われたし。…私は怪異のような物、ととらえる事にした……いや」

「この本丸の、守り神か。鯰尾は、自分がそう望んでしまったから、引き留めてしまった、と言っていた。今剣はちゃんとわかっていて、消える時が来るまで一緒にいると鯰尾に言った、……らしい。私には見えないから、少し恐い」
審神者は俯いた。

「こんな業を皆に背負わせてしまった自分を、心底恥じている。歴史の改変を止めたくて、審神者となったが、私には、たいした霊力もない……皆を大切にし、他の本丸の露払いするくらいが、精一杯だ」

「――主ぃ、そんな事は無いよ…!主はいつも頑張ってる。俺達が、強くなるからっ!」
加州が涙目で主に言った。
「加州……」
主の鼻声が聞こえた。この二人は涙もろい。

「そうだね。……主、鯰尾は何処へ行ったの?」
大和守が困ったように言った。

「さあ、鯰尾はせわしないからなぁ。大和守、初陣はどうだった?」
主に問われて、大和守は戸惑った。
「――、大丈夫です」
「赤い」
加州が笑う。

「ほら、鯰尾を探しに行くよ!」
大和守は加州を引っ張り、審神者の部屋を出た。
2 / 7
3 / 7


そう言うときに限って、鯰尾は見当たらなかった。
廊下を通ったときに、虎を追いかける五虎退を見つけたので聞くと、風呂に入っているらしい。
「こんな時間に?まだ早いのに」
大和守が言った。確かに出陣したが、相手も弱く、軽く汗を拭くくらいで十分だった。

その五虎退も風呂上がりだ。
「僕も入って来ました。出陣後はやっぱりお風呂だねって言ってました。鯰尾兄さんは、今、髪を乾かしてるので、もう少し掛かりそうです…」
五虎退が抱えた虎をタオルで拭きながら言った。

「鯰尾ってたまに理解不能だわー…。いや、美意識が高いのかもしれないけど」
加州が呆れた。
「それ、お前が言う?」
大和守が呆れた。同室だが、加州の支度の長いこと。

「鯰尾兄さんは、運悪く、髪に返り血を浴びてしまったみたいで…あ、虎君!だめ」
虎を捕まえながら、五虎退が言った。そしてぺこりと頭を下げて、逃げた虎をタオルを持って追いかける。床が少し濡れていた。

「よし。これから俺もそうしよ。大和守もそうすれば?もう出陣後は風呂ルールでも作る?」
「俺は夜でいいや」
「あんたって、相変わらず結構ズボラだよね―それじゃあ駄目」
「はいはい。あ」

加州が説教を始めようとしたとき、一風呂浴びた鯰尾が出て来た。
当然のごとく今剣も一緒だ。

「鯰尾…ちょっと貴方に話があるんだけど、いい?」
加州が言った。

3 / 7
4 / 7


鯰尾の部屋で、今剣がすやすやと眠り始めた。
「――って、ここが住処だったの?」
加州が言った。
…加州はその布団の柄に見覚えがあった。今剣の布団だ。

「まあ、姿が見えないときは、だいたいここにいるみたいですよ」
布団を敷いてやった鯰尾が言った。

「ずいぶん懐かれたもんだ」
加州が少し呆れた。

「……」
鯰尾は微笑んだ。

そしてふっと目を伏せ、布団を今剣の肩までかけなおしてやる。

「で、用件って何ですか?」
「今剣の事だけど、大丈夫?」
加州が言った。

「この先、粟田口が増えたら、今剣が寂しがるんじゃないかって。粟田口の事はよく知らないけど、大所帯なんでしょ?」
大和守が言った。

「……ああ…」
鯰尾は察したらしい。
「そもそも、どうしてこんな事になってるの?仲は良かったけど……まさか」
加州がはっと言った。

「今剣って、あんたに取り憑いてる?」

加州の言葉に、鯰尾がくすくすと笑った。
「――いえ。そんな悪霊じゃ無いんだから。今剣はもうすぐ、力がなくなったら…自然に消えるって言ってたので、そっとしておいてもらえませんか?」

「ねえ、後どのくらい、とか分かる?」
大和守が尋ねた。
「あ――ごめん」
そして続けた。

鯰尾は腰を下ろした。
「いえ。意外と長くて、俺も驚いてるんです。今剣が折れたとき、俺は一緒にいられなくて……。あの頃の編成は目茶苦茶でしたから」

今剣は俺が呼んだような物かも。と鯰尾は言った。

「俺、よく知らなくて……。聞かせて貰える?」
大和守が、折れた今剣が、鯰尾の元へ来た時の事を尋ねた。


■  ■ ■ 

今剣が折れた。

その知らせを。鯰尾は乱藤四郎から聞いた。

その日の編成は少し不味い、と鯰尾は思っていた。
新しい、合戦場の敵は鯰尾にしてもやや手強かった。
主は早く練度を上げるために、多少の疲労状態であれば構わずに出陣させていた。

鯰尾は遠征へ向かわされ、一足先に帰って来ていた。
胸騒ぎとか、そういう物はなかったが、遠征先の空があまりに綺麗だった。

それで急いで戻って来たのだ。


「ずおにい…」
乱も、五虎退も、泣いている。
歌仙、加州。この二人も。

加州が、震える手で、布に包まれた、物を差し出す。

「今剣が、折れた」

「――」

鯰尾は目の前が真っ暗になった。

主がいつのまにかそこにいた。
霊力がある主は、今剣が折れたと知っていたのだろう。
その表情を、鯰尾は見た。

「……」
その後悲嘆に暮れる皆を残し、鯰尾は一人立ち去った。

過去を振り返っても仕方無い。
鯰尾は部屋で一人、泣きながら、頭を抱えた。

鯰尾が顕現したのは三番目。
加州が今剣を鍛刀し、今剣が鯰尾を鍛刀した。

始まったばかりの本丸で、大変だったけど、――楽しかった。
これはああした方がいい、こうしようなどと言って。
食事は初め握り飯ばかりで。慣れない畑に戸惑ったり。
少しずつ賑やかになって……。

いつも隣にいた短刀。
兄弟ではないけど、兄弟みたいで。
これからも一緒に強くなっていけると思っていたのに……。

鯰尾は、考えた。

「――」
そして思った。

主は、道を間違えて進もうとしている。
――刀剣を物として扱う、正しいけど間違った道に。

主は、ただ驚いているだけに見えた。
少しは悲しむだろうが…役目に忠実な主の事だ。
今剣が『死んで』、そのうち二振り目が顕現させられるだろう。

いっそ俺も後を追ってしまおうか。

主の刀としては、自分は失格だ。
この程度の事で、主を殺したいと思ってしまうような自分は――。

残される者の事?どうでもいいよ。

だって、俺を呼んだ今剣がいないんだから。

俺だけ生きてる意味ないですよね?

鯰尾は苦笑した。
これじゃまるで、今剣が俺の主だったみたいじゃないか。

鯰尾は刀を抜いた。

「切腹かー」

ああ、この感じは、覚えてるなぁ。
もう仕方無い、と思った感じ……。

本当は着物が良いのだろうが、出陣服でも構わないだろう。
ネクタイを取って、合わせを外し。
シャツのボタンをはずして、ひと思いに突き立てた。

だが刃が止まった。

「だめですよ」

真横で今剣が、鯰尾の手を止めていた。

4 / 7
5 / 7


加州と大和守は、言葉も無かった。

「って言うかアンタ切腹しようとしたの…?」
ようやく加州が言った。
「だって、そういうものじゃ無いですか?」
加州と大和守を見て、鯰尾は言った。

鯰尾が、足を崩して卓袱台に肘をつく。
「で、今剣が現れてくれて、俺は大泣きして、今剣に、少しの間、一緒にいますから、死なないで下さいって言われて……。…全部俺の我が儘なんですよね…ー」

鯰尾は溜息を付いた。

「その後、開き直って、主さんに一筆書いてもらって。またやっていこうって思えた……。本当に、今剣には…感謝してます。出来れば、ずっといて欲しいけど、そろそろ、在るべき場所に返してあげないと。刷り込みかなぁ。――俺、この役目が向いてないのかも。他の本丸の俺はどうか知りませんけど、個体差とかあるのかな」
参ったなぁ、とでも言いたげに頭を掻く。

「けど、今の主は好きですから、今剣の為にも、やっていこうと思いますよ。……彼が消えたら…寂しいけど、…いつか心の整理が付くときが来るだろうって思います」

加州と大和守は少しほっとした。
この分なら、今剣が去っても受け入れられるだろう。

「……今剣に感謝しないとね」
加州が言った。
「はい」
鯰尾は笑って、だがすぐに俯いた。

「加州さん…俺は……顕現したとき、『過去なんて振り返っても、仕方無い』って思ったんですよ。けど今剣が死んで、今剣は過去になった。じゃあ振り返らない?――それは矛盾してる……。けど何とかなる?もう今剣は帰ってこないのに?そう思ったら、全部、自分が嫌になって。ははは。もう死んでいいやって気分に――」
鯰尾が自嘲した。

「……鯰尾、あんた主なみに暗いわ…」
加州がげんなりと言った。

「ぼくと鯰尾さんは、きっとおんねんがつよいんです」

今剣の声がいきなり聞こえて、加州と大和守、鯰尾も驚いた。
いつの間にか起きていたらしい。
もとのあるじさまをころしたかたなですから。

と。今剣が鯰尾の隣でにっこりと笑った。

「元の主……そうだった?鯰尾も?」
加州が首を傾げる。

「はい。鯰尾さんがよんでくれたおかげでぼくはこうして、みなさんにあいにこられます」
今剣が笑った。

「俺は呼んだ覚えも無いし、昔の事もそんなに覚えて無いんですけどね」
「――」
今剣が不満げに鯰尾の髪を引っ張った。
「いたた。ごめん」
「かなしいうそはよくないです」
そのまま膝の上に乗る。

鯰尾は目をうるませて、今剣を抱きしめた。

「分かった、じゃあ、アンタ達の事はほっとくわ」
加州が言って、大和守も今剣を撫でた。
「主にも伝えておくね。鯰尾はそれなりに主が好きだって。――いい?」

「ええ。もちろん、主さんも大好きです」
鯰尾が涙をこぼして笑った。

5 / 7
6 / 7


加州と大和守は主に報告して、その後、大和守は、主とゆっくり話したら?と言って去って行った。

「主、刀剣男子って個体差があるのかな。それとも鯰尾って皆あんな根暗なの?」
残った加州は思った事を尋ねた。

「基本的な性格は一緒みたいだが…、他の審神者に聞いた話では、基本は同じで…、環境による物があるらしい。顕現したときの面子とか、経験、体験とか、そういう感じの…」
主が言った。
「そっか。鯰尾はいきなり今剣が折れて、運が悪かったのかもね――けど、これから頑張るって言ってたから、主も頑張ろう?」
加州は言う。
「ここの加州は厳しいなぁ」
主が苦笑した。

主が障子を見る。
「大和守は、何だろうなぁ、思いやりがあるが、あれは多分、相当さっぱりしているな。五虎退は少し大人っぽいし。不思議な程しっかり者になった。乱はまだよく分からない――お年頃だからかな?」
「乱はアレで結構―」
加州と主はその後も、刀剣達の話に花を咲かせた。

6 / 7
7 / 7


ある本丸に、第一部隊が帰還する。

「お帰りなさーい!」「どうだった?」「お風呂沸いてます」
少し増えた本丸留守番組が出迎えた。
その中には今剣もいる。

「おかえりなさい、鯰尾さん!」
ぱっと、一番に飛びつく。

その本丸ではしばらく、鯰尾と今剣の仲むつまじい様子が見られた。


「あれ?豆のさやが取ってある」「ああ、それは――」
……しばらくの後は、時折こっそりと。

〈おわり〉
7 / 7
コメントを送りました
ステキ!を送りました
ステキ!を取り消しました
ブックマークに登録しました
ブックマークから削除しました

コメント

ログインするとコメントを投稿できます

あなたのひとことが作者の支えになります。
コメントを投稿する事で作者の支えとなり次作品に繋がるかもしれません。
あまり長いコメントを考えずひとこと投稿だけでも大丈夫です。
コメントは作品投稿者とあなたにしか表示されないため、お気軽に投稿頂ければ幸いです。

この作品に関連のあるpictSQUAREのイベント

    • 2024年11月22日 11:00〜翌22:00
      受付中
    俺とキミが辿る旅路2 -小竜景光と審神者webオンリーー
    刀剣乱舞 小竜景光 審神者
     サークル参加受付期間
    5 / 50sp

    07月16日 00:00 〜 11月01日 00:00
    • 2024年12月14日 12:00〜翌00:00
      受付中
    真ごころ定めし恋あさぎ
    刀剣乱舞 孫六兼元 大和守安定 孫安 まごやす 当日不在OK 既刊のみOK 展示のみOK
     サークル参加受付期間
    2 / 24sp

    07月15日 00:00 〜 12月01日 00:00
鯰尾奇譚1 今剣と鯰尾①
1 / 7
注意

・一応ほのぼのです。この二人って仲よさそうという妄想。
・今剣の刀剣破壊(過去の出来事)があります。
・破壊セリフなどのネタバレは無いです。
・この本丸の鯰尾はこじらせた系。
・男審神者が良く喋る。
・加州と大和守の出番が多い。
・このお話には明確なあれそれは無いですが、有りか無しかはよく分からないです。
・一応女性向けとしておきます。
・シリーズ名の通り、いろいろな本丸のどうしようも無い色々な話、と言う事でお願いします。

1 / 7
2 / 7

今剣と鯰尾


「鯰尾さん、おかえりなさい!」
鯰尾が遠征から帰ると今剣が駆け寄って、飛びついてきた。
「ただいま、今剣!」
鯰尾は抱き留めてくるりと回転、そして下ろして今度は肩車。
今剣はきゃっきゃと笑って、部隊長の鯰尾は、じゃあ主さんの所まで、と走り出す。

「……今日も雅だねぇ」
遠征から帰った歌仙が笑った。
「相変わらずだね、二人とも。――さあ、資材を片付けようか」
堀川も微笑む。
これは鯰尾が遠征から戻った時の、一連の流れだ。

「じゃあここまで。主さん、遠征部隊、戻りました」
鯰尾は今剣をおろし、障子を開けて、主の元へ。

「ああ、お帰り、遠征はどうだった」
「大成功です。けどなかなか資材たまりませんね。あ小判持って帰って来ましたよ」

その間、今剣は障子の外で座り込んで、鯰尾を待っている。

「あ、今剣、おかえり」
近侍の加州清光が今剣に声を掛ける。
「はい」
今剣が微笑んで。

消えた。

「……」
加州は目を細める。

今剣が破壊されてしまったのは。もう大分前になるか。

加州が初めて鍛刀したのが、今剣で、今剣がはじめて鍛刀したのが鯰尾だ。
二振りはとても仲が良かった。

鯰尾は主と話したらしい。

主はそれまでは、無理に手柄を立てようとしていたが、無邪気な刀剣を失ってから、つきものが落ちたように己を正した。
虚栄心をとっぱらってしまったら、主には貧乏な本丸が見えはじめ。そこにいる刀剣達も見えはじめて……。

今では、加州はこの本丸を誇る事が出来る。

――まだ、皆、弱いんだけどね。
遠征用の第二部隊を作るのがやっと。練度も低く、演習ではほとんど勝てない。

鯰尾は主にいつものように、主に土産話をしている。
鯰尾の話は、道ばたにたんぽぽが咲いていてきれいだった、とか、あやしげなきのこが生えていたとか、帰りは風があたたかくて、馬の上で寝そうになったとか、雉がいたとか。

「じゃあ、俺はこれで。失礼します」
鯰尾が、部屋の外にいた加州を見つけた。
「おつかれ」
加州は鯰尾に声を掛けた。
「ただいま、そうだ、お土産が台所にありますよ。美味しそうだったから沢山取って来ました」
「へえ、土産ね。何?」
「きのこですけど?」
鯰尾が笑った。
「どんな?」
「たぶん、椎茸です!」
鯰尾は笑顔で言った。

「――げっ。ちょっと待った!」「えぇ!?」
それを聞いた加州はバタバタと、主もばたばたと出て行った。

台所では、留守番だった大和守安定が、あやしげなきのこを眺めていた。
「とりあえず、塩で茹でれば食べられるんだっけ?でも、これ…大丈夫なのかな。たまに紫の斑点があるけど」
他は出陣で、残った加州が近侍、大和守が家事当番。
堀川と歌仙はきのこを置いて、馬を置きに行ったり、刀装を返しに行ったり。

「とりあえず…先に切っておこうかな」
「ぼくもてつだいます。これですね」
ひょっこりと今剣が顔を出す。作業台に乗った、きのこの山の、向こう側にいた。

「いしづきをほうちょうでとってから、あらうとらくです」
「ああ、ありがと助かる」
気が付いた大和守は言って、まないたと包丁で、適当に切り始めた。

「あ――大和守さん、これ、たべられないきのこがまざってます」
「えっ、うそ、どれ!?」
「うっかりやさんですね」
大和守安定は、つい一昨日鍛刀されたばかりだ。

「これは、だいじょうぶです。こっちはだめです」
今剣が匂いをかいで、見て、分ける。だが見た目はどれも変わらないように見えた。
「じゃあ分けるのお願いしていいかな?」
「はい。ぼくがこのかごに、たべられるものをおきますよ!」

「大和守!大丈夫?」
しばらくして、加州と主が入って来た。

「あ。大丈夫、ほら、今剣が手伝ってくれたから」
大和守がそう言った時には、もう食べられるきのこと、たべられないきのこが分けられていた。

「……いまの、つるぎよ…」
主が泣き出す。

「主……」
大和守は苦笑した。大和守は顕現したときに、この本丸の事情を聞いていた。
今剣は破壊されてしまったが、なぜか、よく本丸の中にいるらしい。
ふしぎだなぁ、と思った。

だが主は今剣に会えない。
刀剣達には見えるが、主にだけは、姿が見えないのだ。

「いただきます」
食卓にも今剣は良く現れて、鯰尾の隣に陣取っている。
今剣も手を合わせてあいさつして、その後は、皆がたべるのを眺めている。
「ぼくが、みわけてあげたんですよ」
「うわ…。食べられないのあったんですか?ありがとう」
鯰尾が微笑んだ。
「はい」

その後は、喧騒の間にふっと消えてしまう。

大和守を入れて、ようやく十二振。数に入らないけれどやさしい今剣を入れて十三振。
遠征部隊を出したら、出陣は休みとなる。
これは残ったものが炊事洗濯、掃除、畑の管理などをするためだ。

主はまだ就任したばかりで戦や本丸の運営に慣れていないし、資源も少ない。
しばらくはこのままだろう。

主は食卓を共にして、皆と語らう。
「明日は出陣しようか。資源も少したまったし、これから皆で頑張ろう。編成は加州にまかせるよ」

「うん、まかせて。そうだ主、出陣が火急じゃないなら。明日、最初は演習に行きたいな。大和守を初陣の前に、少しくらい鍛えないと」
加州が嬉しげに言った。

「演習か…。うーん…。じゃあ…行こうか」
「主、しっかりしてよ。皆、ばんばん闘って、強くなりたいんだから」
もちろん演習ではほとんど負けるが、皆、強くなりたいと思っていた。

「分かった分かった。頑張ってお役目を果たそう」

「はい!」という声が重なる。
主は声の中に、今剣の声を聞いた気がした。


翌日、鯰尾、歌仙、加州、大和守、五虎退、乱。この構成で演習に臨んだ。
これでも本丸の中で練度の高い者が来ている。

「ずお兄~!いきなり相手が練度99って勝てないよ~」
乱が言った。
「初めに負けたら、開き直れるだろ。負けたって演習だし、実戦で勝つために頑張ろう」
鯰尾がよい笑顔で言った。
「はーい…」

――結局ほとんど負けたが、なんとか一勝することが出来た。
その後出陣。

「ただいま~。疲れた~」
乱が言う。
「おかえりなさい!大和守さん、けがはないですか」
今剣が出迎える。
「ありがとう、何とか大丈夫だったよ」
今剣の頭に手を置こうとして、すり抜けた。大和守は首を傾げた。
「ああ、今剣には、鯰尾しか触れないの。残念だよね」
加州が少し寂しげに言った。
「……」
今剣は、あわく微笑んでいた。

「あの時代は、もう大丈夫かもしれないね」
歌仙が鯰尾に言った。
――主は今剣の事があったので、慎重に進軍している。
「ええ。物足り無いくらいですね。次の合戦場も開放されたし。主さんに聞いてみます。五虎退と乱もおつかれさま。また行こうな。歌仙さん、刀装、お願いします」
そうして鯰尾はいつものように先に報告へ向かう。
「了解」
歌仙が頷く。

鯰尾の少し後ろを、今剣がついていくのが見えた。
気が付いた鯰尾は、少し振り返って今剣の手を引いた。

「ああ、今日も雅だね…。じゃあ、加州、私はお守りと刀装を返してくるよ」
歌仙が立ち話をしている加州達に言って、加州がよろしくという。

「五虎退、乱。おつかれさま、結構頑張ったね」
加州が五虎退と乱をねぎらう。
「…はい」
五虎退が少し浮かない様子で言った。
「どうしたの?」
加州は、なんとなく分かったが、あえて聞いた。

「……、今剣さん、大丈夫でしょうか」
「――鯰尾に甘えられなくて、寂しい?」
五虎退に加州が言った。
「い、いえ!――ち、ちがいます……」
五虎退が俯く。

……五虎退が、足元の虎を一匹抱き上げた。
「そうじゃなくて……あの。いままで、全然考えて無かったんですけど。今日、演習で、そう言えばって。僕たち、粟田口は、とても兄弟が多いんです。もし、これから皆が本丸にきたら、今剣さんが……どう思うかなって……すみません」
乱、加州、大和守が顔を見合わせる。

演習で見た粟田口の短刀は、多いと言うより多い。
「確かに、賑やかだった」
加州が言った。
鯰尾と、極前田、極平野、極乱…、という構成と闘った。あちらの鯰尾もどの鯰尾も、弟達の世話をよく焼いているようだった。
――今はまだこの本丸は小さいが、ゆくゆくは大きくなるだろう。
資材も少しずつ増え、加州は手応えも感じている。

粟田口の短刀が増えれば…鯰尾は、兄弟達の世話に追われる。
――今剣は、おそらくその輪には入れない。

「そうだね。それは、少し寂しいって思うかも」
大和守がぽつりと言った。
「……あの子、いつまでここに居られるんだろう」
分かってはいたけど……、と加州が言う。
今剣は折れた刀なのに。なぜ残っていてくれるのか。分からない。
そんな話が他にあるとも思えない。

加州も浮かない顔をした。
――乱は涙を浮かべていた。
「僕はずっといて欲しいと思ってる。だって、今剣は僕を守ってくれたんだ。だから、僕はだれより強くなりたい」

「…僕も、頑張ります」
五虎退が言った。五虎退も、今剣が折れる様を見た。

五虎退は今剣の、最後の言葉を思い出し……泣いた。

それを見た大和守が、顎に手を当てた。
「ねえ、…清光、鯰尾はどう思ってるのかな…」
「さあ…。そもそも、何で出てくるのか、どうして鯰尾だけ触れるのか。――主もわからないって。俺も、いきなり鯰尾と一緒にいて、腰抜かしそうになったし」

今剣が折れ、本丸が悲しみに沈む中。鯰尾が今剣の手を引いて、食卓に現れた来た時。
その場にいた者達は凍り付いた。
今剣はあまりに普段通り。

あっ、おいしそうなはんばーぐですね。たべないんですか?等と言われた。
生き返ったのかと思ったが、……抱きつこうとしたら…触れられない。
鯰尾は、主さんは、もう無理な行軍はしないと誓ってくました。と言った。

その時の鯰尾が本当に恐ろしくて、誰も何も聞けなかった。

翌日、主が皆を集め、土下座した。その場には今剣は現れなかった。
次に今剣を見たのは、鯰尾が出陣から帰った後。それからは所々で、頻繁に見る。
主には見えず、刀剣達は見えるものの、鯰尾以外は触れられない。
――そう言えば、今剣自身は物に触れられるらしい。
――物を食べている様子は無い。

「今剣は霊力も強そうだし、そういうこともあるかなって、皆思ってたけど……これからの事を考えると」
加州が身震いをした。
今剣は言ってしまえば幽霊のようなもの。
このままだと、鯰尾や本丸に何らかの影響が出てたりはしないのか。
「鯰尾に、聞いてこようか?僕なら、ごめんで済ませられるし」
大和守が言う。
「――え」

「……だって清光とかだと、逆に聞きにくいでしょ?」
大和守が苦笑する。
「……いや。だったら、俺も一緒に行く。一応、この本丸の初期刀だし、悪いから」
「分かった。乱と五虎退には、後で話そう」
大和守が笑う。

本丸の廊下を加州と大和守が進む。鯰尾は主の部屋だろう。
「どうして鯰尾なんだろう?」
大和守が言った。
「さぁ。――今剣が近侍の時に鯰尾が来たし。仲が良かったから…?」
加州にも分からないようだった。

「主、鯰尾いますか?」
主の部屋をのぞくと、鯰尾は居なかった。
「――ああ、お帰り。お疲れ様」
主が座って、茶を飲んでいた。

「ちょっと、主、茶なんて飲んでる場合じゃない」
加州が言った。
「ん、どうしたんだ?何か問題か」
「――ねえ主、今剣の事だけど。あれって幽霊…ですか?」
大和守が、膝をついて言った。

「今までは良かったけど、これから、粟田口が増えたら、寂しいんじゃないかって、五虎退が言ってた」
加州が言う。
「……ああ……。確かに。そうかもなぁ……粟田口かぁ」
審神者は溜息を付いた。

「私には見えない。だから、今剣がどんな様子か、分からないが……鯰尾が言うには、あれは時間が経てば自然と消える物らしい。他の審神者に聞いたが、そんな事はあり得ないと言われたし。…私は怪異のような物、ととらえる事にした……いや」

「この本丸の、守り神か。鯰尾は、自分がそう望んでしまったから、引き留めてしまった、と言っていた。今剣はちゃんとわかっていて、消える時が来るまで一緒にいると鯰尾に言った、……らしい。私には見えないから、少し恐い」
審神者は俯いた。

「こんな業を皆に背負わせてしまった自分を、心底恥じている。歴史の改変を止めたくて、審神者となったが、私には、たいした霊力もない……皆を大切にし、他の本丸の露払いするくらいが、精一杯だ」

「――主ぃ、そんな事は無いよ…!主はいつも頑張ってる。俺達が、強くなるからっ!」
加州が涙目で主に言った。
「加州……」
主の鼻声が聞こえた。この二人は涙もろい。

「そうだね。……主、鯰尾は何処へ行ったの?」
大和守が困ったように言った。

「さあ、鯰尾はせわしないからなぁ。大和守、初陣はどうだった?」
主に問われて、大和守は戸惑った。
「――、大丈夫です」
「赤い」
加州が笑う。

「ほら、鯰尾を探しに行くよ!」
大和守は加州を引っ張り、審神者の部屋を出た。
2 / 7
3 / 7


そう言うときに限って、鯰尾は見当たらなかった。
廊下を通ったときに、虎を追いかける五虎退を見つけたので聞くと、風呂に入っているらしい。
「こんな時間に?まだ早いのに」
大和守が言った。確かに出陣したが、相手も弱く、軽く汗を拭くくらいで十分だった。

その五虎退も風呂上がりだ。
「僕も入って来ました。出陣後はやっぱりお風呂だねって言ってました。鯰尾兄さんは、今、髪を乾かしてるので、もう少し掛かりそうです…」
五虎退が抱えた虎をタオルで拭きながら言った。

「鯰尾ってたまに理解不能だわー…。いや、美意識が高いのかもしれないけど」
加州が呆れた。
「それ、お前が言う?」
大和守が呆れた。同室だが、加州の支度の長いこと。

「鯰尾兄さんは、運悪く、髪に返り血を浴びてしまったみたいで…あ、虎君!だめ」
虎を捕まえながら、五虎退が言った。そしてぺこりと頭を下げて、逃げた虎をタオルを持って追いかける。床が少し濡れていた。

「よし。これから俺もそうしよ。大和守もそうすれば?もう出陣後は風呂ルールでも作る?」
「俺は夜でいいや」
「あんたって、相変わらず結構ズボラだよね―それじゃあ駄目」
「はいはい。あ」

加州が説教を始めようとしたとき、一風呂浴びた鯰尾が出て来た。
当然のごとく今剣も一緒だ。

「鯰尾…ちょっと貴方に話があるんだけど、いい?」
加州が言った。

3 / 7
4 / 7


鯰尾の部屋で、今剣がすやすやと眠り始めた。
「――って、ここが住処だったの?」
加州が言った。
…加州はその布団の柄に見覚えがあった。今剣の布団だ。

「まあ、姿が見えないときは、だいたいここにいるみたいですよ」
布団を敷いてやった鯰尾が言った。

「ずいぶん懐かれたもんだ」
加州が少し呆れた。

「……」
鯰尾は微笑んだ。

そしてふっと目を伏せ、布団を今剣の肩までかけなおしてやる。

「で、用件って何ですか?」
「今剣の事だけど、大丈夫?」
加州が言った。

「この先、粟田口が増えたら、今剣が寂しがるんじゃないかって。粟田口の事はよく知らないけど、大所帯なんでしょ?」
大和守が言った。

「……ああ…」
鯰尾は察したらしい。
「そもそも、どうしてこんな事になってるの?仲は良かったけど……まさか」
加州がはっと言った。

「今剣って、あんたに取り憑いてる?」

加州の言葉に、鯰尾がくすくすと笑った。
「――いえ。そんな悪霊じゃ無いんだから。今剣はもうすぐ、力がなくなったら…自然に消えるって言ってたので、そっとしておいてもらえませんか?」

「ねえ、後どのくらい、とか分かる?」
大和守が尋ねた。
「あ――ごめん」
そして続けた。

鯰尾は腰を下ろした。
「いえ。意外と長くて、俺も驚いてるんです。今剣が折れたとき、俺は一緒にいられなくて……。あの頃の編成は目茶苦茶でしたから」

今剣は俺が呼んだような物かも。と鯰尾は言った。

「俺、よく知らなくて……。聞かせて貰える?」
大和守が、折れた今剣が、鯰尾の元へ来た時の事を尋ねた。


■  ■ ■ 

今剣が折れた。

その知らせを。鯰尾は乱藤四郎から聞いた。

その日の編成は少し不味い、と鯰尾は思っていた。
新しい、合戦場の敵は鯰尾にしてもやや手強かった。
主は早く練度を上げるために、多少の疲労状態であれば構わずに出陣させていた。

鯰尾は遠征へ向かわされ、一足先に帰って来ていた。
胸騒ぎとか、そういう物はなかったが、遠征先の空があまりに綺麗だった。

それで急いで戻って来たのだ。


「ずおにい…」
乱も、五虎退も、泣いている。
歌仙、加州。この二人も。

加州が、震える手で、布に包まれた、物を差し出す。

「今剣が、折れた」

「――」

鯰尾は目の前が真っ暗になった。

主がいつのまにかそこにいた。
霊力がある主は、今剣が折れたと知っていたのだろう。
その表情を、鯰尾は見た。

「……」
その後悲嘆に暮れる皆を残し、鯰尾は一人立ち去った。

過去を振り返っても仕方無い。
鯰尾は部屋で一人、泣きながら、頭を抱えた。

鯰尾が顕現したのは三番目。
加州が今剣を鍛刀し、今剣が鯰尾を鍛刀した。

始まったばかりの本丸で、大変だったけど、――楽しかった。
これはああした方がいい、こうしようなどと言って。
食事は初め握り飯ばかりで。慣れない畑に戸惑ったり。
少しずつ賑やかになって……。

いつも隣にいた短刀。
兄弟ではないけど、兄弟みたいで。
これからも一緒に強くなっていけると思っていたのに……。

鯰尾は、考えた。

「――」
そして思った。

主は、道を間違えて進もうとしている。
――刀剣を物として扱う、正しいけど間違った道に。

主は、ただ驚いているだけに見えた。
少しは悲しむだろうが…役目に忠実な主の事だ。
今剣が『死んで』、そのうち二振り目が顕現させられるだろう。

いっそ俺も後を追ってしまおうか。

主の刀としては、自分は失格だ。
この程度の事で、主を殺したいと思ってしまうような自分は――。

残される者の事?どうでもいいよ。

だって、俺を呼んだ今剣がいないんだから。

俺だけ生きてる意味ないですよね?

鯰尾は苦笑した。
これじゃまるで、今剣が俺の主だったみたいじゃないか。

鯰尾は刀を抜いた。

「切腹かー」

ああ、この感じは、覚えてるなぁ。
もう仕方無い、と思った感じ……。

本当は着物が良いのだろうが、出陣服でも構わないだろう。
ネクタイを取って、合わせを外し。
シャツのボタンをはずして、ひと思いに突き立てた。

だが刃が止まった。

「だめですよ」

真横で今剣が、鯰尾の手を止めていた。

4 / 7
5 / 7


加州と大和守は、言葉も無かった。

「って言うかアンタ切腹しようとしたの…?」
ようやく加州が言った。
「だって、そういうものじゃ無いですか?」
加州と大和守を見て、鯰尾は言った。

鯰尾が、足を崩して卓袱台に肘をつく。
「で、今剣が現れてくれて、俺は大泣きして、今剣に、少しの間、一緒にいますから、死なないで下さいって言われて……。…全部俺の我が儘なんですよね…ー」

鯰尾は溜息を付いた。

「その後、開き直って、主さんに一筆書いてもらって。またやっていこうって思えた……。本当に、今剣には…感謝してます。出来れば、ずっといて欲しいけど、そろそろ、在るべき場所に返してあげないと。刷り込みかなぁ。――俺、この役目が向いてないのかも。他の本丸の俺はどうか知りませんけど、個体差とかあるのかな」
参ったなぁ、とでも言いたげに頭を掻く。

「けど、今の主は好きですから、今剣の為にも、やっていこうと思いますよ。……彼が消えたら…寂しいけど、…いつか心の整理が付くときが来るだろうって思います」

加州と大和守は少しほっとした。
この分なら、今剣が去っても受け入れられるだろう。

「……今剣に感謝しないとね」
加州が言った。
「はい」
鯰尾は笑って、だがすぐに俯いた。

「加州さん…俺は……顕現したとき、『過去なんて振り返っても、仕方無い』って思ったんですよ。けど今剣が死んで、今剣は過去になった。じゃあ振り返らない?――それは矛盾してる……。けど何とかなる?もう今剣は帰ってこないのに?そう思ったら、全部、自分が嫌になって。ははは。もう死んでいいやって気分に――」
鯰尾が自嘲した。

「……鯰尾、あんた主なみに暗いわ…」
加州がげんなりと言った。

「ぼくと鯰尾さんは、きっとおんねんがつよいんです」

今剣の声がいきなり聞こえて、加州と大和守、鯰尾も驚いた。
いつの間にか起きていたらしい。
もとのあるじさまをころしたかたなですから。

と。今剣が鯰尾の隣でにっこりと笑った。

「元の主……そうだった?鯰尾も?」
加州が首を傾げる。

「はい。鯰尾さんがよんでくれたおかげでぼくはこうして、みなさんにあいにこられます」
今剣が笑った。

「俺は呼んだ覚えも無いし、昔の事もそんなに覚えて無いんですけどね」
「――」
今剣が不満げに鯰尾の髪を引っ張った。
「いたた。ごめん」
「かなしいうそはよくないです」
そのまま膝の上に乗る。

鯰尾は目をうるませて、今剣を抱きしめた。

「分かった、じゃあ、アンタ達の事はほっとくわ」
加州が言って、大和守も今剣を撫でた。
「主にも伝えておくね。鯰尾はそれなりに主が好きだって。――いい?」

「ええ。もちろん、主さんも大好きです」
鯰尾が涙をこぼして笑った。

5 / 7
6 / 7


加州と大和守は主に報告して、その後、大和守は、主とゆっくり話したら?と言って去って行った。

「主、刀剣男子って個体差があるのかな。それとも鯰尾って皆あんな根暗なの?」
残った加州は思った事を尋ねた。

「基本的な性格は一緒みたいだが…、他の審神者に聞いた話では、基本は同じで…、環境による物があるらしい。顕現したときの面子とか、経験、体験とか、そういう感じの…」
主が言った。
「そっか。鯰尾はいきなり今剣が折れて、運が悪かったのかもね――けど、これから頑張るって言ってたから、主も頑張ろう?」
加州は言う。
「ここの加州は厳しいなぁ」
主が苦笑した。

主が障子を見る。
「大和守は、何だろうなぁ、思いやりがあるが、あれは多分、相当さっぱりしているな。五虎退は少し大人っぽいし。不思議な程しっかり者になった。乱はまだよく分からない――お年頃だからかな?」
「乱はアレで結構―」
加州と主はその後も、刀剣達の話に花を咲かせた。

6 / 7
7 / 7


ある本丸に、第一部隊が帰還する。

「お帰りなさーい!」「どうだった?」「お風呂沸いてます」
少し増えた本丸留守番組が出迎えた。
その中には今剣もいる。

「おかえりなさい、鯰尾さん!」
ぱっと、一番に飛びつく。

その本丸ではしばらく、鯰尾と今剣の仲むつまじい様子が見られた。


「あれ?豆のさやが取ってある」「ああ、それは――」
……しばらくの後は、時折こっそりと。

〈おわり〉
7 / 7
ステキ!を送ってみましょう!
ステキ!を送ることで、作品への共感や作者様への敬意を伝えることができます。
また、そのステキ!が作者様の背中を押し、次の作品へと繋がっていくかもしれません。
ステキ!は匿名非公開で送ることもできますので、少しでもいいなと思ったら是非、ステキ!を送ってみましょう!

PAGE TOP